Post

Visualizzazione dei post da Aprile, 2016

全羅南道(前半)(2016-04-12〜13)

Immagine
今回は全羅南道の海岸近く(麗水、金鰲島、靑山島、海南の前方後円墳)を見て回りました。(以下に書くように問題も発生した旅行でした。)
4月12日 羽田からは釜山への便がないので、Asianaのソウル便経由で国内線を利用し、麗水 (Yeosu) へ飛びました。空港から市内へのバスの便は多くない上に移動も45分ぐらいかかります。宿は Booking.com でとった、古いモテルを改装したらしいモダンな(その名も)「エコノミーホテル」です(2泊で₩80,000、以下、ざっと₩10が1円の計算です)。
4月13日 あいにくの雨です。
朝鮮水軍の基地となった、韓国内最大の木造遺構といわれる鎮南館を経由し、金鰲島(Keumodo)へのフェリー乗り場へ向かいます。ところで、金鰲島の名前を知ったのは、映画「私の少女도희야)」のロケ地を探していた時です。したがって、この旅行はロケ地巡礼でもあることになります。

9:50分発のフェリーにのって、ハムグミ(함구미)という港へ向かいます(料金₩13,500:運行会社 (주)신아해운:こちらのページによると所要時間1時間半とありますがもう少し短かったかもしれません)。到着までには雨は止んでいました。












この島のメインアトラクションは、비렁길(崖の道)と呼ばれる海岸沿いのトレッキングコースで、とりあえず所要時間2時間という最初のコースに向かいました。

こんな感じで思ったより坂が多い山道です。雨のせいでぬかるんでいます。しかし景色は変化に富んでいます。

途中で港がある美しい集落が見えてきて、写真をたくさんとったのですが、少し進むと元の港に戻ってしまったことに気づきました。

道をそれてしまったらしい。お昼の時間なので、とりあえず近くの食堂でカップラーメンとコーヒーを摂りました(₩5,000、観光地値段?)。
1時間は歩いてきて、元に戻る気もしなかったし、次の船の便まで3時間以上あったので、とりあえず4kmほど離れた別の港(麗川・Yeocheon港)へ行ってみることにしました。道は単なる舗装道路です。


麗川港は、トレッカー御用達のハムグミ港より大きく、生活用の港であることがわかります。運行している船も大きいです。













14:30の船で本土に戻るのですが、戻り先は突山島(Dolsando)という本土と橋でつながっている島の港(シンギ港・신기항)で、30分程…

全羅南道(後半)(2016-04-14〜16)

Immagine
前半より続く...
4月14日 宿の朝食は、自分で卵とトーストを調理するという形式で、この旅行最後の宿もそうだったので、韓国のゲストハウス系の宿では一般的な形式なのかもしれません。

ちなみに「トースト」も韓国の国民食の一つになっているらしい...
ここでは目玉焼きとパンを1.8枚食べることができたのですが、エキスポ駅が1km以上離れていて、よろつきながらタクシーに乗ればよかったと思いました。

エキスポ駅では、前日、船や島で出会った夫婦連れで旅行しているおじさんと再遭遇しました。「また会ったな!4回めじゃないか。ついてきているんじゃ...」とおじさんは言いましたが、正確には5回目でした。9:45発の高速列車KTXに17分乗って(₩8,400)近くの順天(Suncheon)市へ。タクシー乗り場でタクシーにバスターミナルへ行くよう頼むとすぐそこだと指差すので、そこまで歩いてみましたが、何もないので再度談笑している別のタクシーの技師様(運転手)に伺うと、そんなに近くもないようなので、乗せてもらいました。Google情報だと莞島(Wando)行きのバスは10:20発ということだったので焦りましたが、実は11:00発でした。(ところで、韓国のバスターミナルなどにある自販機の30円紙コップコーヒーは体調のせいかとても美味しいと感じ、何回もお世話になりました。)莞島(やはり本土とは橋で接続している)はかなり遠方で3時間ぐらいかかります(₩17,100)。バスの中は冷房がひどく効いていました。
14:30のフェリー(フェリー乗り場へはタクシー)で、さらに靑山島 (Cheongsando) へ向かいます(フェリー代:₩7,700:所要時間45分?)。


靑山島はドラマ「春のワルツ」などのロケ地として有名で、春は菜の花が見どころになります。案内所で聞くとWifiのある宿はないとのこと。Slow Citta をスローガンにしているのでネット禁止がポリシーなのかもしれません(ちなみに今回はいつも使っている GigSky SIMの接続がうまくいかなかったので移動中のネット接続はなしでした)。病状が悪化し、喘ぎながら港の前の小さな丘の階段を登るとペンション村があり、最初のペンションに空き部屋があったのでそこに泊まることにしました(ネットがないのでネット予約とかできないわけですね)(一泊₩50,000…