Post

Visualizzazione dei post da Luglio, 2012

中国旅行(2012-06)まとめ

Immagine
宿の近くの写真 西四地下鉄駅前 吉野家の広告 Henry David Thoreau 便利店 宿の写真 depuis 2010
感じのよい宿のお姉さん(女将さん?)は、One Piece にはまっていて、夜な夜な日本語大音量中国語字幕付き映像を見ていましたが、日本語はさらさら覚える気がないようでした :-) 交通について 北京市内は一卡通というプリペイド交通ICカードが便利です。デポジットが20元、購入時についてくるチャージも20元(計40元)。2日目に落としてなくしたのですが、便利さに勝てず新しいのを買ってしまいました。地下鉄は一回2元、バスはだいたい0.4元(だいたい乗った時に引き落とされますが、路線によっては降りるときに再タッチして精算する場合もあるようです)。バス停には路線図が記述されているので、市内の地図さえ持っていればかなり便利に利用できます。 中国について
四半世紀前は異世界、十年前は高度成長、それからしだいに普通の国へ、といった感じでしょうか。北京はテーマパーク化しつつあるのかもしれません。

まだ交通費と食べ物は十分安いし※、観光地としても見所は多いようなので、ルーチン的な旅行先としてもいいかなと思います。
※少なくとも人が集まるところではファストフードチェーンが(ひょっとすると世界一に)発達していて、一人旅の食事に不便しないということもあります。

中国語について
私の中国語は検定三級程度といったところでしょうか。お店であれがほしいとかは言えますが、話しかけられるとわかりません;;
旅行者慣れしている宿の人とは事前に単語を予習しておけばある程度お話ができます。
「旅の指さし会話帳」は持って行きましたが、使いませんでした。リアルタイム性が求められる旅行会話で本のページをめくっている隙がない、というか文法の基礎があって辞書が引けるなら辞書を引いたほうが早い、ということでしょう(ちなみに旅行中主に使った辞書はDianHuaというiPhoneアプリでした)。駅で切符を買うときなど事前に欲しい切符を書いたりしましたが、店で相手の言うことがわからない時に書いてくれというのはちょっと(時間的に)難しいかもしれません(最終日の食堂プリペイドカードについては、〜卡と書いてもらってはじめて状況がわかりましたが)。

中国旅行第6天(2012-06-30)798芸術区

Immagine
最後の早飯 手前の甜食2つは硬くていまいち。
コンビニに「梅干包子」というのがあったので、どんなものか
食べたかったが、売り切れでこれは普通の肉まん。残念..
チェックアウト後、駅には荷物を預けるところがないということで、荷物を抱えて空港方向(東北)にある798芸術区へ。
ギャラリーや展覧会場、売店、アートカフェ、アカデミックな施設など、アートに関するものが広大な敷地に集まっている。素晴らしいところであるが、被写体が多すぎるので写真は割愛...


若干市内方向に戻り、最新のショッピングモール(三元橋)へ。
このスーパーの品揃えの高級感は東京でもお目にかかれなさそう。 まわりは高層住宅建築中のようだが、いったいどのような 人々が買いに来るのか... 午飯: 庶民的なフードコートで兰州牛肉拉面(10元)
先にカードを買い、余った分の払い戻しを受けるシステムでとまどう(晴海のトリトンスクエアであったやつですね)。
三元橋站から空港⇒帰途
蛇足:
空港で余った元を始末しようとして飲料自販機に五元入れたら商品が出てこなかった orz...

中国旅行第5天(2012-06-29)八达岭(长城)

Immagine
坐火车去八达岭。 ※片道6元!・一卡通も使える。 列車はCRHに外見を似せているが、よく見ると汽動車のハリボテである。

一時間ちょっとで到着。
入場料は45元

女坂をちょっとのぼってひきかえす。

餅つきのようだが(落)花生糕というものを作っていたらしい。
時間があったのでまた Subway に入ると、オレンジジュース一瓶15元! うっかりぼったくられてしまった。
午飯:雪菜肉丝面+酸辣海带丝(17元) 坐火车回来北京。

夕方、 2日前にも少し立ち寄った前門エリア(ここも伝統的な建物が並ぶショッピングエリア・市内中心より少しだけ南)からデパートの並ぶ西単エリアへ(バス利用・やや西へ)。

西単の大悦城。天津のより古いようで少しだけ「SF度」が低い...
歩いて北上するとすぐ宿の近くに。
晩飯:水餃子(12元)@陜西料理店(好吃!)

中国旅行第4天(2012-06-28)天津⇒北京

Immagine
午前中 昔の住宅街を散策。
二十世紀前半の立派な洋風住宅が並ぶ。

あまりにも多いので写真は割愛...
多分30年ぶりぐらいに見たバキュームカー(そのまんまの名称)
歩いていても朝食を調達できるところがない。

やっと Subway を見つける。
朝食全体で 17元 ジュースは(日本にはない?)ホット(「熱还是凉」とか聞かれてとまどう)。  伊勢丹の斜め前にあるUNIQLO 商品はやや日本と違うようだ。 ホテルをチェックアウト
午飯:天津站前で李先生の香辣牛肉面(ちょっとカレーきしめんっぽい?)(18元)
再度CRHで北京へ移動 前日の宿へ戻る。

夕方、南鑼鼓巷へ。ここも、胡同変じて「ファッションストリート」と化したもので、什刹海エリアと同様だが、一本のせまい道なので雰囲気が違う。こちらのほうが「熟して」いるように見える。
これは多分北鑼鼓巷の店

隣接エリアにも同様の開発が進んでいるようで、北京は一大胡同テーマパーク化しつつあるのだった。

中国旅行第3天(2012-06-27)北京⇒天津

Immagine
早飯 北京風エッグマフィン?、开口笑、粽、トマトジュース(13元)

午前中

天壇公園(市内中心より南)(35元)⇒前門(やや北上)
祈年殿@天壇公園 圜丘@天壇公園
前門 天津への移動 天津へ移動すべく北京站へ行く↓ 今や結構古い感じがする北京駅 しかし様子がおかしいことに気づく。天津行きCRHは北京南站からだったのだ。ムダ足... 午飯:香菇鸡飯@北京南站・真功夫(16.5元) 微妙におかずが少ない... CRHは見ていた限りでは最高速度291km/h。非常に静か。 30分ほどで天津へ(距離115km?)。
天津站では白タクのおばさんがホテルまで100元という。「太貴(了)」というと、70元にまけるという。(戻りにタクシーに乗ったが11元だった。)彼女から逃れるようにバス停へ行き、バスにのると運転手(女性)がいちじるしく愛想なく、隣の乗客にどこを走っているのか聞いても要領をえずあせるが、何とかホテル(ホリデイ・イン)にたどりつく。


天津観光第一天
天津はひたすら近代建築(20世紀前半)の宝庫である。